Android

L-05E

ツーリング中にスマホのUSB端子が溶けてしまい充電不可。急いで代わりを用意する必要があります。帰宅して一段落して変わりに買うスマホを考えます。条件は防水、メモリー2GB以上、液晶小さめ、おさいふケータイ必須、XPERIA以外、極力安いといった感じ。XPERIAを除外したのは、今2ndスマホとして使っているのがXPERIA Z Ultraだし、XPERIA Z Tabletも持っているので、XPERIAばかりになるのは避けたいということからです。文字が多い情報は見ないので液晶は小さくてもOK。

欲しいものという方向ではGalaxy J (SC-02F) がよかったのだけど、これは防水がないのでダメ。5インチ未満の液晶だとあまり選択肢がなく、今まで使っていたL-01Eを買ったときに新機種だったL-05Eがある程度。ただこれも1年前の商品なので新品を探すと予想以上にものが無く、値段が高いことも多い。XPERIAはものは多いものの需要があるためか結構高かったりします。結局一度秋葉原へ行って探してみることにしました。

まずヨドバシアキバへ行って安い機種を探しますが。。。XPERIA Z1fがあるくらい。ただ2年縛りが厳しいです。その後中古も交えてみて回りますが、MVMOが多く使われ始めてドコモの機種は結構人気があるようです。最後にイオシスでL-05Eの新品を見つけてこれを買うことにしました。\23,800でした。中古ならさらに\2,000安かったのですが、そのくらいの差なら新品買います。

2台続けてLGのスマホとなりますが、個人的には面白味はないけどトラブルが少なくて長く使えそうという印象です。1年前の製品とはいえ十分な速度ですし、OSが4.2.2から上がらないということを除けば問題はありません。サイズはL-01Eよりも一回り以上小さくて持ちやすいのもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日出勤&スマホ(SOL24)購入

今日は雨の予報だったので昼までのんびり寝ていようと思っていたけど、朝6時過ぎにサーバが落ちたというメールで起こされてしまいました。社内サーバだったけど、土日の間にバックアップやメンテナンスが走るように設定してあるので放っておくわけには行きません。雨の中、休日出勤決定です。

サーバは午前中に対処完了したので、その勢いでアキバへ行って、スマホを買いました。今は L-01E を電話、メール、おさいふケータイなどで使っていて、他に Galaxy Note の海外モデル(GT-N7000)に IIJmio の SIM を挿してデータビューアとして使っています。この Galaxy Note が最近特に不調で、タッチパネルの応答が凄く鈍かったり、気がつくと落ちていたりして交換先を検討していました。しかし、16:10 のアスペクト比の液晶のスマホは現行では存在せず、現在と同等の画面幅となると Galaxy Note3 くらいしか候補がない状態だったのです。ただ Note3 はまだ安くありません。

そうしているなか、au の Xperia Z Ultra (SOL24)の未使用品が安く出回っているとの情報を見つけました。少し前に Xperia Z Ultra の海外の SIM ロックフリーモデルの購入を本気で考えていたので、素性などは調査済みです。ただ海外モデルだと docomo のすべての電波を掴まず田舎や山の中だと繋がらなくこともあるため、結局購入に至りませんでした。今回 au 版の SOL24 で良いと思ったのには、au 回線で MVMO を始めたケイ・オプティコムの「mineo」が大きな意味合いを持っています。さすがに  docomo や au の回線を複数持つのは辛いので、現在の IIJmio を解約して mineo へ移行すれば維持費はほとんど変わりません。

雨の中、アキバのイオシスて \39,800 で購入しました。色は白です。SIM ロックフリーではないけど、海外モデルよりも安い価格で買えたのでまあ満足かな。ちなみにレジで自分の後ろに並んでいた人も同じものを買っていきました。SOL24 は先日 Android 4.4 へのアップデートが行われることも発表されましたし、現時点では root も比較的簡単に取れます。xposed が使えればカスタマイズ幅はそれなりに広がるので、カスタム ROM を入れないと困る場面も少なくなるのではないかと思います。SIM ロックを解除すれば docomo 回線でも運用できるらしいですが、自分はそこまではしないかな。

現時点では root を取るまでも無いと思っているので、しばらくは買ったままで使う予定です。mineo も申し込みましたが、SIM 到着にはしばらく掛かるようです。今まで Galaxy Note はズボンのポケットにギリギリ入っていましたが、さすがに Ultra は無理。通勤や街歩き用に鞄も考えたほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ L-01E 購入

いろいろと事情があって、L-01E を購入してみました。そのあたりの事情と一週間使ってみた感想を書きたいと思います。

私の携帯電話状況は、メインはフィーチャーフォンの F-07B で、サブが IIJmio の SIM を刺した Galaxy Note (GT-N7000) です。Galaxy Note は ROM に JellyBeer の 4.33 を焼いて使っています。購入からすでに1年半が過ぎているものの、Android 4.2.2 が使えているおかげでまだ日常では大きな問題にはなっていません。

しかしこの Galaxy Note はドコモのプラスエリアに対応しておらず(正確には ROM を変えた影響で対応できなくなっており)、ツーリングでちょっと田舎へ行くと圏外になってしまうという問題を抱えています。7月の3連休に東北へ行ったときも宿が圏外で、こういうときに限って会社のサーバからアラートメールが来て右往左往しました(バイクで Galaxy Note がつながる場所を探しました)。ということで、プラスエリアで正しくつながるスマホを求めることになりました。

現時点でこの先2年間ドコモを使うという感じではないので新品をドコモから買うという選択肢はありません。そこで白ロムか中古となりますが、まず探したのは Android 4.1 にアップデートして快適になったとうわさの SO-05D です。しかし流通量が少なかったのか価格が高く(ピンク以外)、価格がスペックに見合いません。そこで目をつけたのが L-01E です。SO-05D よりも世代が新しいのでスペックが良く、同様に Android 4.1 にアップデートされています。赤色だと白ロム(未使用)が3万円を切る価格なのも魅力です。

早速購入してみました。届いたのは8/8で、何とか翌日からのツーリングに持って行こうと無理してセットアップしました。F-07B に刺さっている SIM は FOMA 用なので使えませんので、IIJmio の SIM を刺して動くようにしました。以下感想です。

まず Galaxy Note から大きくスペックが上がったおかげで、動作はきびきび、相当快適です。今 Galaxy Note を使うと、相当カスタマイズして快適にしているとは言ってもスクロールが引っかかったりアニメーションがフレーム抜けしているのが目に付きます。また岐阜高山の山の中でも圏外になることが無く、プラスエリア対応も問題ありません。本体があまり熱くならないのもいいですね。

しかし、root が取れないので dpi を変更することが出来ず、240dpi で常用している Galaxy Note と比較すると画面情報量が少なく文字が大きい(=同じ情報量を見るためにスクロールが多くなる)ためにストレスが溜まります。あと、現在は IIJmio の SIM を使っているのでセルスタンバイ問題が発生しているようで、普通に使っていてもバッテリーの 50% 程度がセルスタンバイに消費されています。よって、1年半も使っている Galaxy Note よりも明らかにバッテリーの持ちが悪いです。他にもテザリングが出来ない APN 問題とか、ストラップホールの位置が悪く自分の持ち方だと都合が悪いとか。。。細かく上げだしたらキリがありません。

root が取れれば dpi 変更もセルスタンバイ問題もテザリング問題も解決できますが、今のところうまく行っていない感じですね。セルスタンバイとテザリングは、ドコモの LTE 契約した SIM に変えても直るのは分かっているのですが、月額費用が倍になりますから。。。悩み中です。

何とか dpi 変更が出来れば Galaxy Note の代わりに使っていけそうに感じではいるのですが、何とか手探りで root 化に挑むしかないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xperia Tablet Z (WiFiモデル)

1年以上ぶりに新しい Android デバイスを買いました。Sony の Xperia Tablet Z の WiFi モデルです。発売日前日だった昨日の帰宅時に、閉店直前のヨドバシアキバに駆け込んでゲット。WiFi モデルのため手続きなども無く、商品を渡されただけでした。残念ながらクレードルは品切れでありませんでした。

帰宅して早速セットアップ。主な用途は動画閲覧なので、地デジ等の TS がそのまま問題なく再生できるかどうかで使用頻度が大きく変わりそうですが、Skifta+MXプレイヤーで再生できました。MPEG-2 はソフトウェアデコーダーなので CPU 性能がやっと再生できるところまで来たのですね。ちなみにインターレース解除を ON にすると音ズレはしないもののスクロールが滑らかではなかったのでコマ落ちしている模様。ナスネで録画した映像も見えますが、PS Vita と同じように低解像度の AVC ストリームのようなので画質が悪いですね。AVC 録画したものだけでもそのままの映像を再生できるようにして欲しいです。

フルHDのディスプレイなだけあって、小説や漫画を表示しても綺麗です。防水ですから、これからはケースに入れずに風呂場に持ち込めるのはイイですね。今までは風呂場に Galaxy Note を持ち込むときは防水ケースに入れていましたけど、やっぱりスクリーンの見た目が悪かったですから。

ただ、Galaxy Note はカスタム ROM を入れてかなり自分好みに変更してあるので使いやすいですが、Xperia Tablet Z ではカスタマイズ項目も一般的なものしかありませんし、痒いところにぜんぜん手が届かなくて使いづらいです。Tablet UI だとどうしても右手でバックボタンが押せないので、Pie が欲しくなってしまいます。ちなみに、Galaxy Note には現在 REVOLT JB 4.2 を入れています。カスタマイズは項目が多くてよいですが、最近のアップデートで Japan BAND が選べなくなったので、別の ROM にしようかと検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Galaxy Note 環境再構築

ドコモ版も無事発売された Galaxy Note ですが、うちの Galaxy Note はカスタム ROM の ICS Stunner をインストールして、Android 4.0.3 化して使っています。ただ、購入以来上書きで使ってきたので内蔵 SD は必要かどうかわからないフォルダがたくさんあって、しかも不定期に再起動がかかったりとちょっと不安定な状態でした。

実家から帰宅し、残りのGWのうちでやりたいことのひとつがこの Galaxy Note の環境再構築です。内蔵の SD をクリアする予定なので、まずは念入りにバックアップをし、最新の ROM をダウンロードします。Stunner は 1.4.26.1 が最新のようです。データをクリアして ROM を焼きこみ、環境を再構築していきます。このあたりは何度もやっているので手馴れたものと言えます。バックアップしていたデータで必要そうなものを確認しながら書き戻していき、ほとんど元通りに構築できました。

これで今までどおりなのですが、今回はさらにひと手間加えて、セルスタンバイ問題の解決を目指します。セルスタンバイはデータ専用 SIM を使った場合に発生する “Cell Stanby" というプロセスが異常に CPU を使ってバッテリーを消費させる問題で、解決にはシステムのファイルを書き換える必要があります。このあたりの情報を元に対応を進めますが、ROM が ICS になっているので Galaxy Nexus の対応を参考にします。CWM Recovery が起動している状態で、PC から adb コマンドを通して Galaxy Note が見えていれば特に難しいことはないと思います。USB での接続等も Galaxy Nexus の情報がかなり参考になります。

これで再構築も終わり。今のところ再起動したり、固まったりというような不安定な挙動も全くなく、非常に安定して使えています。唯一問題と言えるのは、Google Chrome for Android が起動時にエラーとなってしまう点です。これは今回の再構築前から発生していた問題で、Chrome の最新アップデートで問題が発生しているので、Google 側の対応待ちかなと思っています。普通のブラウザでも PC の Chrome とはブックマーク同期ができているので、大きくは困っていません。

注意点としては、Stunner は AOSP/AOKP 系の ROM なので、Galaxy Note 特有のペンを使った動作には対応していません(ペンは使えますが、S メモなどのアプリはありません)。私は特に不自由していませんが、そのあたりを使いたい人は注意が必要です。また ROM を焼きこむ等の行為自体も推奨はしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Galaxy Note

今まで普通のケータイを使っていましたが、スマホを買いました。しかもいきなり海外モノ。昨年発表されたときから欲しかった Galaxy Note です。5.3 インチの大きめ液晶や、ペンも使うことができるちょっと変わったスマホです。ドコモから発売されるといううわさではありますが、おさいふケータイに対応しないということなので、無理にドコモ版を待つ必要もないかなということで。一応、自宅では Galaxy TAB を使っていて、Android については基本的なことは理解しています。

最近は便利になったもので、海外のスマホも簡単に買うことができます。特に戸惑うこともなく入手。初回起動すると、画面に何を書いてあるのか全く理解できない状態でしたが、何とか英語を選択できました(初期の言語が何言語だったのか全く不明)。日本語ロケールを入れ、フォントを入れ、IMEを入れ、使い慣れたソフトを入れとしているうちに、だんだんと自分のデバイスっぽくなってきました。回線は自宅が So-net なので、So-net モバイル 3G を契約しました。今までのケータイは、メール&おさいふケータイとして極力パケット通信しないようにそのまま維持しています。2台持ちですが、今までの1台分の費用で収めようとがんばるつもりです。

Galaxy Note は、比較的早めに Android 4.0 へアップデートがあるという話なのも購入に踏み切った一因で、アップデートまでは特にディープに使う予定ではありませんでした。一応、SupoerOneClick で簡単に root が取れたので、LCD Density のみ 240 へ変更した程度でした。

その状態で数日使っていたのですが、やけにバッテリーの消費が激しいことがわかりました。そんなにヘビーに使ったわけでもないのに、夕方にはバッテリーの残が 30% 程度になるのです。大容量バッテリーを搭載していることも Galaxy Note のウリの1つだったはず。これは不具合かな?といろいろ情報を集めると。。。見つけました。データ通信専用の SIM を使うと、Cell Stanby というプロセスがバッテリーを大幅に消耗させてしまうという問題が。事実、設定の中のバッテリーのところを見ると、Cell Stanby が 70% 以上のバッテリーを消費していることがわかりました。

その情報が載っていたブログに解決策も書かれていましたが。。。単に root を取っているだけの状態では無理そうで、CWM を入れたり、カスタム ROM を入れたりする必要があるようです。しばらくどうするか悩んでいましたが、今の状態ではさすがに厳しいので、思い切って根本対処をすることにしました。

Odin で CWM を焼き、カスタム ROM を入れ、対策パッチを当てました。慣れないことで結構手間取りましたが、何とか成功した模様。ここまでやれば、もう何でもアリ。ついでに色々と新しいアプリを入れたりしたので、もう最初のころとは見た目もかなり変わってしまいました。その分、使い勝手もよくなった。。。はず。Galaxy Note は、結構使っている人も多いようで、日本語の情報も多くてすごく助かりました。

今日一日バッテリーの状況を注視していましたが、朝から今まででバッテリーの残は 76%。これで完全かどうかわかりませんが、かなり改善しました。まる2日くらいは持ちそうですね。さすがにいじり過ぎてお腹一杯なので、しばらくはこのまま使う予定です。はやく Android 4.0 のアップデータが出ないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Android | C# | Device | DS | PDA | バイク | パソコン | 料理 | 映画