パソコン

Google Reader が終わっちゃう

すでに私の生活の一部として必須になっている Google Reader が 7/1 で終了してしまうとのこと。終了中止を求めて署名運動が始まったり、代替手段を求めて議論が始まったり、対抗サービスが移行ツールを用意したりといろいろと動きが出てきています。終了中止になるならそれが一番良いんですけど、さすがにあまりあり得なさそうなので、代替手段を探すことになりそうです。ということで、自分なりの代替の条件を検討して見たいと思います。

まず、最優先で必要なのは複数台のPCとスマホで未読の管理を共有できること。Google Reader を使う前はPC用のアプリの RSS リーダーを使っていましたが、未読管理は苦労(というよりも無駄が多い)状況でした。会社、自宅、スマホで未読等の情報が共有されないという状況はもう考えられません。

次に必要なのは快適な読む環境があること。現在、PC では Chrome で、スマホでは gReader を使っています。PC で読むときは何かアプリを使うのでも良いですが、ブラウザだけで読めるならどの PC でも読めるので利便性が大きく変わります。またスマホは今のところ gReader 以外が考えられないくらいなので、出来れば使い続けられれば。。。どちらにしても、快適に読めることが重要です。

必要3点目は、一覧画面に記事タイトルだけではなく、配信されている記事の内容が表示できること。タイトルしか配信されていないものは仕方がないですが、多くのサイトでは概要、記事先頭部分、または記事全部などが配信されています。Google Reader は一覧画面に記事の内容が表示されるので、マウスホイールをまわすだけで読み進められ、既読になります。gReader もこの点はリッチ記事リストとして実装されています。

あとは必須ではないですが、ブラウザで読むときには http だけではなく https でも繋がって欲しかったり、スターやタグ、後で読むなどの状態管理が欲しかったり、キーボード操作で使えて欲しかったりします。

代替手段として紹介されているものはとりあえず見たり使ったりしてみる予定ですが、今まで他に良いと思うサービス/アプリは無かったので、どれだけ妥協が必要かといった感じでしょうか。ただ、スマホの gReader は各種アプリを使ってたどり着いたものなので、PC よりもさらに難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Server 2012 Essentials RC

自宅では、Windows Home Server 2011(WHS) をファイルサーバ、バックアップサーバ、メディアサーバとして愛用しているのですが、WHS はこれで終わりという話なので、移行先である Windows Server 2012 Essentials(WSE) を試して見ることにしました。日本語版の RC をダウンロードして、テスト用のPCにサクッとインストール。WHS では 2TB を超えるボリュームのハンドリングが大変ですが、WSE はこのあたりも解決されています。また Storage Space も魅力的です。唯一、Hyper-V サーバとして利用できないのが残念でなりません。OS ライセンスは不要なので、Hyper-V サービスを動かせるようにして欲しいです。

メディアサーバ機能を有効にしてみましたが、WHSでは問題なく配信できている mp4 ファイルがクライアントから認識できません。PS3 で見ようとすると、サーバ自体は認識されるものの、フォルダーを辿ると「DLNAプロトコルエラー(501) が発生しました。」と表示されますし、Windows 7 の MediaPlayer でもコンテンツが全く表示されません。サーバが見えているのだからファイアウォールは問題ないはず、また共有フォルダーのセキュリティ権限程度は確認したのですが、問題らしいものは発見できず。結局メディアサーバ機能の動作は確認できませんでした。

WHS の代わりは WSE だと MS は言っていますが、今まで WHS を使っていた人にはかなり敷居が高いのではないかと思います。価格もそうですが、AD を使ったドメインを設定する必要があったりしますので。個人的には WHS で 2TB 以上のボリュームがバックアップまで含めて完全に動作するなら、おそらく不満は感じないと思いますので、余計にそう思うのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Home Server 2011

たまにはパソコンのネタでも。自宅では実家の弟とのファイル共有用に Windows Home Server 2011 を空いていたノートPCで使っていましたが、内蔵 HDD が少なく USB 接続の HDD を使っているのでファイルコピーも遅く、最近結構ストレスがたまっていました。そのため、あまっていたパーツで新サーバを組もうと考えてから早2ヶ月。バラック組みで動くようにしてから早1ヶ月が過ぎていましたが、やっと欲しかったケース PC-TU200 が発売されたので組み上げました。初めての mini-ITX 自作でしたが、予想通り狭いケース内で四苦八苦。PT2 を2枚付ける予定がうまく付かずに結局1枚のみになりました(ここは原因が分かったので後日回避予定)。

一度 OS を入れて設定しましたが、どこで間違ったのかクライアントPCから共有フォルダに全くアクセスできず、結局原因が分からずに OS から入れ直すことに。二回目は特にトラブルこともなく動作しました。何がおかしかったのだろうか? その後、バックアップデータ等の復帰に7時間強かかり、PT2 の設定を行い、DLNA 等の動作を確認していたら、結局まる1日掛かってしまいました。

Windows Home Server 2011 は中途半端な OS で、色々と問題もありますが、DLNA サーバや宅外からのアクセスの安定度などから使っています。せめて HDD の 1パーティション 2TB までの制限が他のソフトを入れずに無くなればいいのになぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Live Writer 2011

Windows Live系のツールがいっせいに2011へバージョンアップしたので、Windows 7のPCをバージョンアップさせました。今回からはWindows XPでは使えないのがちょっと痛かったりします。特にPC間でデータ同期に使っていたLive Sync(2011からはLive Mesh)が使えないのは辛いところです。

この記事はLive Writerの2011で書いていますが、Live Writerは画面が大きく変わったツールの筆頭でしょうか。リボンUIは慣れれば使いづらいわけではありませんが、慣れるまでどこに何があるのか分かりづらく、大変だったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン静音化

去年の4月に作ったエンコード、キャプチャなどを行っているPCが、最近かなりうるさくなってきていたので、静音化すべくメンテナンスを行いました。PCは組んでから24時間稼動し続けているもので、音が気になっているのはCPUファンとリムーバブルHDDケースのファンです。

CPUはCore 2 Quad 9550sで、CPUファンはリテールをそのまま使っていました。最初の頃はそれほど音は気にならなかったのですが、最近はエンコードが始まると音が目立ってきます。そこで、思い切って水冷化しました。使ったのはメンテナンスフリーをうたう「ECO-Advancend Liquid Cooling」です。ただ、使っているケースがAntecのSOLOのため、そのままでは取り付けられないという問題があることが分かっていました。このあたりは先人の知恵をかりて電源下の補強バーを外すことで事なきを得ました。水枕/ポンプ部分がネジ止めのため、一度MBをケースから外す必要があったのが面倒だったくらいで、特に迷うことも無く取り付けられました。

リムーバブルHDDケースは、今までは「5代目 技あり!楽ラック!」を使っていましたが、このケース、長期間使うとHDDが認識しなくなったりする問題があります(複数の固体で確認済み)。使っていたものも5スロット中、3スロットしか認識しなくなっていました。また、ファンが結構うるさいです。そこで「ZALMAN ZM-HDR1」に交換しました。5インチベイ3段でHDD3台という、スペース効率は悪いケースですが、HDDはネジ止めの必要が無いですし、後部の92mmファンは簡単に交換できそうなのが良い点です。

PCケースを開けるなんて年に何度もない機会なので、追加でUSB 3.0のインターフェースと、PT2を取り付けました。キャプチャ機器はPV3とPT1が付けてあったので、PT2で3枚目です。Intelの次期チップセットはPCIバスが標準ではサポートされなくなるらしいという話なので、このあたりのキャプチャ機器を使い続けるのは難しくなるかもしれませんね。

メンテナンス後のPCは十分に静かになりましたが、HDDケースのファンが結構音を出しています。あまりにも気になるならファン交換かな。USB 3.0は速いですね。70MB/sくらいでコピーできています。同じようなケーブルで論理10倍速。。。技術革新はすごいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft Wireless Desktop 3000

数ヶ月前から、パソコンのキーボードが調子悪く、キーを打っているとパソコンからキーボードが一瞬見えなくなってしまうという現象が発生していました。使っているキーボードは、IBMのスペースセーバーキーボードで、もう10年近く使っているPS/2接続のものです。これをUSB変換して、さらにPC切り替え器に繋いでいました。多いときには、ブログを1記事書く間に2~3回も現象が発生して、ストレスが溜まっていました。

そこで買ってきたのが、7/17に発売されたばかりのMicrosoft Wireless Desktop 3000です。ワイヤレスのキーボードとマウスのセットで、マウスは最新のBlueTrackとなっています。

早速PC切り替え器に繋いでみたところ、全く認識しません。しかしここで焦ってもしょうがありません。PC切り替え器はコレガのCG-PC4UDAというもので、DIV/USB接続の4chのものですが、過去にワイヤレスマウスを繋げたときも同様に認識しなかった前歴があります。この切り替え器は、前面にキーボードとマウスを接続する専用USB端子があり、ここに繋げたキーボードではホットキーによる切り替えが出来ます。しかし、今回のような一般的ではないデバイスは認識してくれないのです。仕方が無く、ホットキーは諦めて背面のUSB端子に繋ぎ、問題なく認識されました。

キーボードの使い勝手ですが、ESCやファンクションキーが小さく、押しづらいです。なぜ普通キーのサイズにしなかったのでしょうか。まあ、これは買う前から分かっていたことなので諦めますが、変換キーの位置が今までよりも少し左に寄って一回り小さいことが、ミスタイプを増やしています。私はIMEのON/OFFを変換キーで行っているので、ここが押しづらいとミスタイプが多くなってしまうのです。まあ、すぐに慣れると思いますが。それ以外は結構良い感じです。キータッチは悪くありません。

マウスの使い勝手ですが、まずクリック音が大きいです。ホイールクリックも音が大きく重いです。手のひらが小さい私でも、持ちやすさは問題ないです。ホイールが、今までは回すたびにクリック感があるタイプだったのが、全く引っ掛かりが無いタイプに変わったので違和感があります。特に、どれだけ回すと以前のマウスの1ノッチ移動分なのかが良く分かりません。コンボボックスの選択をホイールで行う場合に違和感が強いです。チルトは重めなので、予想外のチルトホイール動作が無くいい感じです。

とまあ、不満点をつらつらと書きましたが、使うのを諦めるほどではなく、多くは慣れの問題です。特に10年近く使ってきたキーボードを買い換えたわけなので違和感は仕方が無いですが、逆に新鮮な感じでパソコンに向えるということでもあります。PC切り替えがホットキーで行えないのはストレスなので、次に買うのはPC切り替え器かと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Android | C# | Device | DS | PDA | バイク | パソコン | 料理 | 映画