Device

GeForce 8500GT

PCでゲームをやらない私としては、ビデオカードは色合いと動画補完機能を重視して選んできた。今回は次期ネット/動画鑑賞PCとして準備中のキューブPCのビデオカードとして、GeForce 8500GT搭載のGIGABYTE GV-NX85T256Hを買ってきた。
このキューブPCはShuttleのSD11G5を使ったPentiumM 2GHz搭載のもので、今までは新OSテスト、開発用に使ってきたもの。ビデオカードは最初はRADEON X1300搭載のものを使っていたが、どうしても欲しいという友人に譲ってからはi915GMオンボードで使ってきた。今回はこのPCにHDDとビデオカードを増設して、Vistaをインストールした。
VistaのWindows エクスペリエンスインデックスは4.0で、この値はCPUのもの。シングルコアなので伸び悩んでいる。グラフィックは4.7、ゲーム用グラフィックは4.9で必要十分といったところか。実際、RADEON X1300を使っていたときにかなりベータ版のVistaを使用したが、このときはグラフィックが足を引っ張っていた。ウィンドウのドラッグも重いくらいだったが、今回は非常に軽い(OSがRTMだということもあるだろうが)。肝心の動画補完機能のPureVideoHDについてはまだ未体験だが、データ移行が終わり次第いろいろと試してみたいところ。WMV HD(VC-1)の1080@24Pはこま落ちなしに再生して欲しい。
あとOSを入れてデータ移行しているときに感じたのは、結構発熱があるということ。ファンレスなので結構大きいヒートシンクがついているが、じっと触っているのは厳しいくらいの発熱はある。キューブPCなのでファンを追加するわけにもいかず、ケース側面の穴をグラフィックカード近く以外塞いで少しでも空気が流れるように対処中。使っていて不安定さはないが、真夏になるとちょっと怖いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AVEL Link Player AVLP2

欲しいとは思っていたネットワークメディアプレイヤー系デバイスだが、今まではXCardを使ってTV出力できていたので買ってなかった。しかし作る動画がWMVであることが多くなってきたのでXCard+TVediaでは早送りがきちんとできないのがネックになってきた。そこでDVDプレイヤーなしのAVLP2を買ってきた。価格は22000円だったが、本音を言うなら無線LANを省いた低価格版が欲しいところだ。
色々と事前に情報を仕入れていたのでAVeL Link Serverの使用は早々に断念。UzuをPCにインストールして使用できるようにした。AVeL Link Serverを使っていたときはTVにきちんと再生リストが表示されない問題があったが、Uzuでは問題なくなった。今までのTVediaとはかなり使い勝手が違うが、まあ動画を再生するには困らないようにはなった。
現在困っているのは使いづらいリモコンだ。まるで見た目を重視してボタンを配置したような感じで、本当に使い勝手を考えて作ったとは思えない。まあこのようなリモコンは珍しくないので、いつもはRC-589Mに学習させて付属リモコンを使わないようにするのだが、今回は全く学習できない。学習操作を行うと一応学習はされるのだが、全く操作が出来ない。過去にもいくつかうまく学習できない操作がある機器もあったのだが、今回は電源ON/OFFを含め1つも学習できないのでちょっと困っている。ここさえクリアできたら何とか使い物になると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mAgicTV Server Concept Version

最近はキャプチャボードの複数枚搭載が流行っている感じだが、IOデータからは6枚挿しができるキャプチャボード(というか管理ソフトのmAgicTV Server Concept Version)が発表された。実際はこんな感じ。いや?超力技というかなんと言うか。
同一ボードまたはUSB機器じゃないといけないようですが、すごいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTVX2004HF

デジタル放送がキャプチャできるという売り文句のカノープスの新型キャプチャカードだが、デジタル放送をD1でキャプチャ出来てもあまりうれしくはない。しかもコピーワンス番組などは暗号化されるという。編集できないならPCにキャプチャする意義というものが90%くらい無くなるといっても過言ではないと考える。
ただアナログキャプチャとしては成熟の領域に入っていると思われるので興味がある。MTVX2004ではカノープスとは思えないほどの出来の悪さだったが、HFが安定してキャプチャできるなら1枚買ってもいいかなと考えている。ボードの全長が短くてMTV2000だとぎりぎりで厳しいメインマシンのケースにも入るだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Monster TV PH-GTR

エスケイネットの新型キャプチャボードで、久々のハードウェアキャプチャボードである。各社がこぞって採用しているNEC製のゴーストリデューサーや三次元Y/Cなどは使わず、三次元Y/CにMN82832、ゴーストリデューサーにOren製のものを採用するようだ。576TAPものゴーストを除去できるといわれるが、実際はどのくらいの性能なんだろうか?
それ以外では、Iピクチャのみの25Mbpsでのキャプチャや、カノープスのMTVシリーズと同様にオーバーレイ表示を行うのが特徴だろうか。値段が28,000円程度ということであまり安い部類ではないが、ゴーストに悩まされている人は試す価値があるのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVStorm 3

カノープスのDVベースノンリニア編集システムであるDVStormRTがバージョンアップした。ハードウェア的にはアナログコンポーネント出力機能がついたことだが、このあたりは個人で使うにはあまり関係がないかも。ただ本格的なノンリニア編集を行うつもりなら、これ1つでそれなりのことができるようになるのでお勧めといえるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GV-ADTV

GV-1394TVを買おうと思いながら買ってなかったので、類似品ということでGV-ADTVを買った。MTV2000に慣れるとよくチューナの設定を間違えるので、チューナ内蔵でそれなりの性能のもの、しかもMPEG-2よりも軽いフォーマットのものということでDVとなった。
注目していた新型の3D-NRの残像はMTV2000の3D-NRよりはすくないが、それでも若干出る。NRの効果もそれなりにわかるので、実写系の映像だとNRは弱めでONにしたほうが良いだろう。ただアニメだと3Dよりも2DのNRの効果が高いほうが良いと思う。DVだとフレーム間圧縮が無いので3D-NRの効果はMPEG-2の時ほど高くは無いからだ。
あとは、DV-Type2でのキャプチャを可能として欲しかった。現状はVfW(連番)、GigaAVI(参照型AVI)、Type1-DVの3種だが、これにType2-DVを追加するのは技術的に困難ではないはずだ。フリーやシェアのアプリを中心に対応が進むType2-DVだが、基本的にVfWを通さずにファイルを読み込むため読み込みがかなり高速であるという利点がある。MPEG-2ファイルの編集の重さしか知らない人には信じられないくらいシークなどが早い。
画質的な問題点としては、輝度が激しく変わるシーンなどで映像が若干乱れることだが、メディアコンバータでは少なからずこの手の問題はあるのでGV-ADTVの乱れ方は許容範囲内といえる。NV-DM1と比べると若干酷いこともあるが、価格を考えるとこんなもんだろう。この乱れることを指してGV-ADTVが使い物にならないという人もいるかもしれないが、DV-アナログメディアコンバータを使う以上はこの手の問題とはうまく付き合っていくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近発表されたキャプチャ機器

夏休み明けの週なのにいろいろ発表された。
まずは業績不振なカノープスから出るMTV2000plusとMTU2400FX。MTV2000plusはMTV3000からチューナを1つ外したものなのでMTV3000minusというべき製品だが、仕様からするとMTV2000の純血後継機だろう。カノープスはMTV3000じゃなくてMTV2000plusを出したほうが良かったのじゃないかと思う。MTU2400FXは、名前のとおりMTU2400のFX拡張(?)でDivXなどに対応している。こちらの気にする点は価格かとおもう。最初の価格はなんだったんだろうというくらいお安くなっている。
次はアイ・オーのGV-MVP/RZ。USB2.0接続のキャプチャボックスだが、ゴーストリデューサーとノイズ除去が付いているということでいつもの某台湾メーカーのOEMとは違うのかな?と思ってみたり。これでDVD規格に沿ったMPEG-2がキャプチャできるなら初心者にお勧めという感じだが、この点ばかりは試して見なければ分からないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP Media Center Edition 日本語版

ついに日本でも発売されるようだ。内容はすでに発売されている海外のものと変わらないようだが、5社から発売されるものがどのように味付けされているのか気になる。ただ5社の中にソニーが入っていないのが残念である。VAIO R系ですでにほぼ同様のことを実現しているわけではあるが、どのようなものを作るのか興味があったのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACEDV(エースDV)

カノープスのメディアコンバータ付きDVキャプチャボードACEDVが発表された。DVStorm-RTの廉価版と言えるもので、添付ソフトを自社製のもののみにしたりDVコーデックをソフトウェアにしたりして安価にしたもののようだ。ただメディアコンバートはハードウェアで行うようなので、キャプチャ時にコマ落ちすることはないだろう。
添付のソフトウェアはLet's EDIT RTという自社製のもので、以前の?Edit系とEDIUSの間のような機能を持っているようだ。ただRTはソフトウェアで実現するので、それなりのスペックのPCが必要となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Android | C# | Device | DS | PDA | バイク | パソコン | 料理 | 映画