PDA

スマホ L-01E 購入

いろいろと事情があって、L-01E を購入してみました。そのあたりの事情と一週間使ってみた感想を書きたいと思います。

私の携帯電話状況は、メインはフィーチャーフォンの F-07B で、サブが IIJmio の SIM を刺した Galaxy Note (GT-N7000) です。Galaxy Note は ROM に JellyBeer の 4.33 を焼いて使っています。購入からすでに1年半が過ぎているものの、Android 4.2.2 が使えているおかげでまだ日常では大きな問題にはなっていません。

しかしこの Galaxy Note はドコモのプラスエリアに対応しておらず(正確には ROM を変えた影響で対応できなくなっており)、ツーリングでちょっと田舎へ行くと圏外になってしまうという問題を抱えています。7月の3連休に東北へ行ったときも宿が圏外で、こういうときに限って会社のサーバからアラートメールが来て右往左往しました(バイクで Galaxy Note がつながる場所を探しました)。ということで、プラスエリアで正しくつながるスマホを求めることになりました。

現時点でこの先2年間ドコモを使うという感じではないので新品をドコモから買うという選択肢はありません。そこで白ロムか中古となりますが、まず探したのは Android 4.1 にアップデートして快適になったとうわさの SO-05D です。しかし流通量が少なかったのか価格が高く(ピンク以外)、価格がスペックに見合いません。そこで目をつけたのが L-01E です。SO-05D よりも世代が新しいのでスペックが良く、同様に Android 4.1 にアップデートされています。赤色だと白ロム(未使用)が3万円を切る価格なのも魅力です。

早速購入してみました。届いたのは8/8で、何とか翌日からのツーリングに持って行こうと無理してセットアップしました。F-07B に刺さっている SIM は FOMA 用なので使えませんので、IIJmio の SIM を刺して動くようにしました。以下感想です。

まず Galaxy Note から大きくスペックが上がったおかげで、動作はきびきび、相当快適です。今 Galaxy Note を使うと、相当カスタマイズして快適にしているとは言ってもスクロールが引っかかったりアニメーションがフレーム抜けしているのが目に付きます。また岐阜高山の山の中でも圏外になることが無く、プラスエリア対応も問題ありません。本体があまり熱くならないのもいいですね。

しかし、root が取れないので dpi を変更することが出来ず、240dpi で常用している Galaxy Note と比較すると画面情報量が少なく文字が大きい(=同じ情報量を見るためにスクロールが多くなる)ためにストレスが溜まります。あと、現在は IIJmio の SIM を使っているのでセルスタンバイ問題が発生しているようで、普通に使っていてもバッテリーの 50% 程度がセルスタンバイに消費されています。よって、1年半も使っている Galaxy Note よりも明らかにバッテリーの持ちが悪いです。他にもテザリングが出来ない APN 問題とか、ストラップホールの位置が悪く自分の持ち方だと都合が悪いとか。。。細かく上げだしたらキリがありません。

root が取れれば dpi 変更もセルスタンバイ問題もテザリング問題も解決できますが、今のところうまく行っていない感じですね。セルスタンバイとテザリングは、ドコモの LTE 契約した SIM に変えても直るのは分かっているのですが、月額費用が倍になりますから。。。悩み中です。

何とか dpi 変更が出来れば Galaxy Note の代わりに使っていけそうに感じではいるのですが、何とか手探りで root 化に挑むしかないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Advanced/W-ZERO3 [es]

事前の予告どおりウィルコムからW-ZERO3[es]の後継機種が発表された。現行の[es]が発表されたのが約1年前で、1年分の進化をしていると感じる新機種となっている。
[es]は購入後毎日持ち歩いて便利に使っているが、最近はバッテリーの持ちが悪くなったと感じるようになっている。またメモリー64Mは少ないと感じることが多く、複数のアプリを連動で起動するとメモリ不足に陥ってしまうことも少なくない。Advanced[es]ではメモリーが128Mに増えているので、現在よりも明らかに使い勝手が改善されるだろう。液晶解像度が上がっていたり、無線LANが付いたりしたのに大きさが一回り小さくなっているのもすばらしい。
ただ問題が無いわけではなく、一番の問題と思われるのがテンキー側にソフトキーが無いことじゃないかと思う。手軽にメニューを操作するには必須のキーなのだが、なぜ削られたのだろう? 表面的には見えないが、何か代替の手段があるのだろうか? 他にも電源端子が今までと変わっている点。USBから簡単に充電できるのだろうか?
現時点では発売日に即買いはしない確率が高いが、そのうち買うだろうと思う。ソフトバンクの東芝端末と比較かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーモバイル、EM・ONE

薬を飲んで寝ていたら頭痛は治まったので、夕方からアキバのヨドバシへイーモバイルのEM・ONEを見に行く。スペックはすばらしいのだが、発表されたときから気にはなっていたのは操作感。サービス提供範囲は23区内に住んでいる私には問題はないはず。
店頭で実際に触ってみた感じとしては、思った以上にサイズは小さく、軽く感じた。サイズや重さはスペックから想像していたものなので、よく詰め込んだものだという感じか。ただ、操作感は横に両手で持ってキーボードを出したときは問題ないが、縦に片手で持った時は最悪といえる。表面に5weyのキーがないので、全くといってよいくらい操作ができない。ジョグも縦に持ったときに下面にあるため使い物にならない。キーボードを下方にスライドさせたとしても、5weyキーは中心にないので使いづらく、また本体のかなり下のほうを持たないといけないのでバランスが悪い。電車の中でつり革などに掴まった状態で使うことが多い私としては、片手で操作できないと厳しい。
そのほか、メモリーが128Mあるためか比較的動作は軽いかなと思った。ワンセグも問題なく見られたし、HSDPAの速度は今使っているウィルコムのW-ZERO3[es]と比較にならないくらい快適だった。もう少しPDAとしての使い勝手がよかったら買い替えを検討したのだが、今回はパスだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spb Insight

Spb Diary 2の試用期限が過ぎたので購入した。そのときなんとなくSpbのサイトを見ていると、Insightという新しいソフトが出ているのを見つけた。News Readerと書かれているが、RSSリーダーのようだ。ウリは画像も込みで取り込んでオフラインで閲覧できるということかな。
RSSリーダーはNewsBreakを愛用してます。大きな不満があるわけじゃないですが、NewsBreakは単にRSSを取得して閲覧するだけで画像は取り込んでくれません。閲覧時にネットに繋がっていれば表示できますが、[es]だと回線が遅いため表示に時差が出ます。画像までローカルに取り込めるなら表示も速いはず。
Insightをインストールして、まずNewsBreakで使っているOPMLをインポートしてみました。どうやらチャンネル一覧に分類分けの機能はない模様。とりあえず全チャンネルを更新してみましたが、、、更新がかなり遅い。初更新だったことが理由だとは思うが、50チャンネルの更新に20分以上掛かってしまう。二度目はかなり速くなったがそれでも遅い。画面表示は取り込んだ画像を各記事の頭に表示しているので結構華やか。しかも表示はNewsBreakよりも速い。
どうもこの更新は遅いが表示は速いというのは、ローカルでのデータの持ち方が原因じゃないかと思います。NewsBreakはRSSのXMLをそのままローカルに保存していて、それを表示時にパースしているのですが、Insightは更新時にパースして独自形式かなにかで保存しているのでしょう。だから更新に時間がかかるけれども表示は速いと。画像も取り込むわけですし、仕方がないのかも。
あと、EUCコードで配信しているサイトは文字化けします(PDA系サイトだとTK-BLOGさんなど)。これは海外のRSSリーダーではよくある話。回避策としては、更新時にEUCコードをUTF-8等に変更することでしょうか。私はPlaggerというアグリゲーターを使ってRSS取り込み→再度RSS化しています。またニュースサイトのようにヘッドラインしか取得できないRSSに本文を取得して埋め込んだりしてます。オフラインで長文記事が読めるので便利です。
とりあえずInsightはNewsBreakと併用しながら使ってみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3[es]

ウィルコムストアで注文していたので、発売日に届いた。個人情報をFAXするのに手間取り、発売日には届かないかと思った。
充電しながらUSB経由でActiveSync、その後に必要そうなソフトを順に導入していく。インストールしたのはGSFinder+、Spb Diary、GSPocketMagic、iLauncher、W-ZERO3 UtilityPlus、AppClose、AgileMessenger、NewsBrack、NetForntくらい。データもActiveSyncで移動できないものを中心に手作業で移動。
見た目は今までのX50vとほとんど同じになった状態で2日ほど使ってみたが、最初の印象は「バッテリーがもたない?」ということ。電話系の設定は初期状態のままで、ポケットに入れるときにAppCloseでディスプレイだけはOFFにするようにしてたんだけど、夕方にはバッテリー警告が出るようになっていた。電波状態のLEDを表示しない設定にすれば良くなるらしいので、一応それを試す予定。他にも省電力系の情報を探さないと。
あとは、Windows Mobile 5になっているので、今までの2003SEと比較して使いづらくなっている部分がある。特にメニュー表示の方法が変わっているので、同じことをするのに1回多くタップしなければならないことが多い。これはタッチパネルなしの環境との整合性をとるためには仕方がないとは思うけど、面倒だ。
他、今まで使っていたアプリを使う分には動作が遅いと感じることもないし、良い感じといえる。液晶もきれいでシャープだし。無線LANが無いので、外出前のRSS更新にケーブルが必要になったのは面倒だが、それはminiSDの無線LANが出れば解決されるだろう。各ソフトの使い勝手の変化などはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3[es]

夕方から秋葉原のヨドバシへ出かけてW-ZERO3[es]を触ってくる。実際触った感触としては、良いサイズで持ちやすいと思った。液晶が小さいので表示に難があるかもしれないと考えていたが、今のAxim X50vよりも液晶が見やすいこともあって問題は無さそうだ。ボタンの配置や日本語入力は慣れるしかないので、今のところ評価外という感じで。すでにネットで購入申し込みをしてあるので、発売日以降に届くのを待つばかりだ。
今までにWindows Mobile 5のデバイスはじっくり触ったことがないので、速度はAxim X50vやiPAQ h4350と比較するしかないが、ほとんどの場面では遅さを感じることは無かった。しかし、Operaで表示の倍率を変更したときや、表示モードを変更したときなどの遅さが目立っていた。私のPDAの使い方はブログやWEBを見ることが主で、次がメールやMSNメッセンジャーといったところ。あとはスケジュール管理はすべてPDAでやっているが、使用時間として占める割合は低いはずだ。ブログはおそらくNews Breakを、WEBはNetFrontを使うことになるとは思う。このあたりは他のソフトを使おうという気は余りないので。メールはとりあえずデフォルトのW-ZERO3メールを使ってみることにする。悩みどころは連絡先で、電話するのにもこれを参照することになるだろうから今の携帯電話からデータ移動が必要そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ActiveSync

平日は時間がなかったこともあり、PCを再インストールしてからPocketPCとの同期環境を復帰していなかったが、なければ不便なので新たに作成することにした。ActiveSyncも以前は3.8を使っていたが、4.1が出てるようなのでこれも更新してみることに。
私はPocketPCをBluetoothで接続/同期しているので、まずUSBのBluetoothアダプタをインストールする必要がある。これはインストールCD一発なので特に問題はなし。シリアルの何番ポートにBluetoothがつながっているかだけを確認しておく。その後、Axim X50v付属のCDからOutlook2002とActiveSyncのインストール。ActiveSyncを4.1へ更新と続く。
一番面倒だったのがMicrosoft Updateだった。重要な更新が出なくなるまで3回も実行する必要があった。Office関連の更新も同じ更新画面でできるようになったのは良いが、何度も更新を繰り返すのはミスを誘発する元だと思う。今のパッチにパッチを繰り返す仕組みが変更できないなら、Updateを行った後にもう一度自動でUpdateを走らせて取りこぼしがないことを確認するような仕組みがほしいと思った。
PocketPCデバイスとの同期設定は過去に苦労した経験がものをいい、2台とも一度で設定ができた。PCの周りがクレイドルだらけにならないのがBluetoothの利点かなと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Axim X50v

やっと日本語版のAxim X50vが発表された。記事はこちらなど。
基本的にOSがWindows Mobile 5.0になってFlash ROMが256MBになっただけで、それ以外はX50vと全く同じ。メモリに関してはX50vがストレージと共有だったのが単独で使用できるようになったため、それなりに増えていることにはなるが、Frash ROMのアクセスはかなり遅いために全体の速度に影響が出てしまうだろう(英語版のデバイスでは20%程度落ちるという話も)。
発売されたら入手しようかと思っていたが、ちょっと値段が高い。今のところ購入は見送りかなと思う。あとはX50vのWindows Mobile 5.0アップグレードが実施されるのかどうかが気になるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPAQ h4350

Axim X50vを使ってきたのだが、最近もう一台PDAが欲しくてネットなどでh4350を探していた。オークションでも稀に見るのだが、ほとんどが予算オーバーだった。しかし先日運良く予算内で見つけることが出来て、やっとh4350を手に入れることが出来た。
英語版のPDAはPalmPilot以来なのだが、この分野には先駆者が多数いらっしゃるので特に迷うことなく日本語を扱うことが出来るようになった。結局一番迷ったのは無線LANの設定で、MACアドレスの調べ方やその他設定がX50vとは微妙に違うので戸惑った。Windows Mobile 5ではこのあたりは分かりやすくなっているのだろうか。
アプリは基本的にX50vと同じように設定を行ったが、微妙に困ったのがWebブラウザ周り。WebブラウザとしてはとりあえずNetFrontの3.3を入れたので問題はないのだが、RSSリーダーとして使っていたNewsBreakが内部でIEコンポーネントを使っているようで、日本語の折り返し問題が発生した。今まではあまりIEコンポーネントを使っていることを意識していなかったのだが、よく見るといろんなところで使われているようだ。RSSリーダーはPDAの主力アプリなので使い勝手が悪いと困る。そのため、最近評判の良いegressをインストールして試用中だが、NewsBreakとは使い勝手が微妙に違うので戸惑い中。またRSSリーダーとして2つもシェアウェアを使うのかどうかも。。。。
動作速度としては、X50vと比べて2/3のクロックとなっているのだが、遅いと感じることは皆無。逆に解像度が1/4なので微妙にキビキビと動く場面もあった。特にTODAY画面の再描画は目に見えて早いと感じる。同じプラグインが入っていて、スケジュールなども同じ情報が表示されているのだがなぜここまで違うのかと思ってしまう。表示周りはやはりQVGAに最適化されているのかと思う。
逆に問題だと感じるのは画面表示品質について。VGAのX50vに対して1/4の解像度しかないh4350では、どうしても漢字の表示品質が劣ってしまう。読み取れないということはないし初期のPalmのことを思えば十分に綺麗ではあるが、X50vの表示に慣れているために劣化が目立ってしまう。他にCFスロットがなくてAirH"が使えないという問題もあるが、これはBluetoothで接続できるようになれば問題にはならない。京ぽん2も出るし、ドコモもauも対応機種がある。
もう少しh4350を使い込んで、アプリも色々試してみてから今後どうするのかを検討したいと思う。X50vのRAMを128M化してしまえばさらに使いやすくなるだろうとは思うが、h4350もキーボードが予想以上に使えそうなので、慣れたら手放せなくなるかもしれない。これで画面がVGAであれば漢字もかなり綺麗に表示されると思われるので、VGA表示対応のキーボードモデルが出ないか見守りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCPMP 0.70

最近はX50vで動画再生をしてなかったのでTCPMPもBetaPlayerの頃のままだったが、たまたま時間が取れたときに0.70が出たということだったので入れ替えて、今まで再生できなかったWMVの再生を試してみた。フォーマットは640x480の23.976fps、2PassVBRで平均768kbps/最大1000kbpsでエンコードしたもの。最大ビットレートを制限してあるのは、無線LANでは最大ビットレートをこのくらいにしておかなければ再生が引っかかることがあったという経験によるものである。
ファイル選択などは問題なく出来るのだが、再生すると紙芝居のようになる。音声の再生は途切れないことからデータ転送部分はうまくいっており、映像の再生(デコード)が追いついていないだけのようだ。同じファイルでベンチマークしてみたところ58%くらいしか出ておらず、これではまともに再生できるわけがない。割合だけ見ると半分くらいのフレームは表示されてもおかしくないと思うかもしれないが、WMVやMPEG-4系の圧縮はフレームをスキップしながら再生することが非常に困難なため、一度デコードが追いつかなくなると雪だるま式に処理に遅延が発生し、再生が滞ってしまう。
DivX5でエンコードした同ビットレートくらいの動画は問題ないため、単純にWMV9 Videoのデコードが遅いだけのようだ。WMVの最適化は難しいだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Android | C# | Device | DS | PDA | バイク | パソコン | 料理 | 映画